社会福祉法人 みつみ福祉会

みつみ福祉会とは

人権擁護

目的

第1条
人権擁護運営委員会(以下「委員会」)、利用者の人権擁護の観点から、適正な支援等が実施され、利用者の自立と社会参加の為の支援等を妨げることのないよう、定期的に又は適時、委員会を開催し、虐待・身体拘束の防止に努めることを目的とする。

委員会構成

第2条
  1. 1)委員長は、委員の中から互選する。
  2. 2)副委員長は、委員長が指名するものとする。
  3. 3)委員会は、以下の委員を以て構成する。
    • ・法人役員  1名
    • ・みつみ福祉会後援会代議員 2名
    • ・民生委員 2名
    • ・家族会  2名
  4. 4)委員会の下部組織として専門部長をチーム長とするワーキングチームを設置する。(メンバーは別紙)
  5. 5)ワーキングチームに総合相談センターの相談員を加えることができる。

事務局

第3条
  1. 1)事務局は兵庫県丹波市春日町野村65-1(春日育成苑内)
  2. 2)事務局は、法人事務局長と事務担当者1名を置く

委員の任期

第4条
  1. 1)委員の任期は2年とする。
  2. 2)欠員が生じた場合は前任者の残任期間とする。

委員会の開催

第5条
  1. 1)委員会の開催は年3回する。
  2. 2)臨時に開催の必要があるときは、委員長が召集をする。
  3. 3)委員長事故あるときは、副委員長が招集をする。

委員会の業務

第6条
委員会は次の業務をおこなう。
  • 1)みつみ福祉会職員倫理綱領を職員に周知するとともに行動規範となるよう啓発する(別紙)。
  • 2)「人権チェックリスト」、「虐待発見チェックリスト」の調査・分析を行う。また、各種アンケートの実施。
  • 3)上記の実施した調査の結果、虐待や身体拘束の虞があるときは、施設長に報告をするとともに、委員会は各事業所と連携し、改善を図る。
  • 4)虐待・身体拘束の防止にかかる研修を年1回以上専門部と連携をして行う。
  • 5)各事業所より、事故等の原因が虐待・身体拘束につながるような場合は、委員会において対応を協議する。
  • 6)その他、法令及び制度の変更があった場合は、施設長に対し規定等の見直しを行うことを指示する。
  • 7)事業所において虐待等の虞を発見した場合は、速やかに各行政機関ならびに委員会に報告をおこなう。

委員会の責務

第7条
  1. 1)委員会は、虐待・身体拘束等が起こらないよう事前の措置として、職員の虐待・身体拘束防止における意識や知識の向上と周知に努め、虐待・身体拘束等のない環境づくりを目指さなければならない。
  2. 2)委員は社会福祉法等のみならず障害者や高齢者等の知識の習得と人格(アイデンティティー)の向上に努める。
  3. 3)委員は利用者の生活の場において虐待・身体拘束が行われていると判断した場合は、法人に直接改善を求める。又、改善を求められた事業所は改善報告をおこなう。
  4. 4)委員会は、利用者の虐待・身体拘束の虞のある事案や支援等に問題がある場合は、法人第三者委員と協議し、共同で会議を開催する等、虐待・身体拘束防止の対応・対策及び改善を図る。

委員の費用弁償

第8条
日当は5,000円とし、交通費は公共交通機関を利用する場合は実費、自家用車を利用する場合は法人規程によるものとする。
施行 平成24年10月1日

みつみ福祉会とは