社会福祉法人 みつみ福祉会

みつみ福祉会とは

みつみ福祉会のめざす経営理念

『共に生きる』とは老人・障害・保育と社会福祉法人が基本とする事業を包括的に経営するわが法人が、地域社会と共に、生きがいが持てる社会ならびに幸せが実感できる社会を実現するために、みつみ福祉会に関係するすべての人・組織(団体)・自然等と共に生きることを目指すことです。

経営理念を具現化するために

『共に生きる』ことを具現化するためには、社会福祉法人の使命であるご利用者に対する質の高い福祉サービスを提供するだけでなく、地域福祉の中心的な役割を担うことである。つまりは、地域を幸福にするための経営理念が必要であり、地域社会から評価される社会福祉法人として存続しなければならない。地域やご利用者のニーズ等を踏まえたみつみ福祉会の個性を出し、ここが他の法人とは違うという存在価値を示す必要がある。(みつみ福祉会が何を目指し、どこへ進もうとしているかを対外的に示していく)

経営戦略として留意すべきこと

社会福祉法人は、非効率、不採算の事業であっても積極的に取り組む必要がある。そういう領域にこそ社会福祉法人の存在意義や果たすべき役割がある。つまりその地域特性やニーズを的確につかみ、必要に応じて事業化し、積極的に取り組んでいくという大きな役割がある。地域の潜在的な福祉サービスを必要とする人たち及び地域に対する福祉サービスのネットワ-クの形成や資金を確保して行政に先駆けて事業化するためのマ-ケティングが重要である。いずれにしても、法人が目指している理念に基づいて、誠実に対応することが求められる。
次に、社会福祉法人にとって経営を成長させるということは、人材の成長と資本の成長と言える。つまり、これからの社会福祉法人は、経営理念を明確にすることはもとより、その経営理念を現場で実践できる人材を育てること、そして資本の成長を高めるために適正利益を確保して内部留保も充実させることが重要である。(組織としての中身が実質的に成長していくこと。また適正利益とは事業継続のために計上しなければならない利益)
最後に、人材の成長なくして組織の成長、経営の成長は成りえない。社会福祉法人として、福祉施設の職員として求める人材のイメ-ジを示していかなくてはならない。
人材育成に関する課題として、ス-パ-ビジョン(専門性向上のための教育方法)とメンタルヘルス対策がある。そして管理者にとっては、リ-ダ-層(ス-パ-バイザ-)の育成が求められる。法人全体としては、メンタルヘルスサポ-トシステムが求められる。

みつみ福祉会とは